マダム大学院生のグローバルな日々

無閑マダムの博士への道

「今世紀最高視聴率」から15年

「定年女子」見ています。ヒロインの53歳女性、「役職定年」で平社員になり、自分の意見や企画が通らない立場になったことから、退職します。再就職先の葬儀屋さんも退職し、ハローワークの職員になるところまでが前回。

そして町田啓太さん演じる23歳年下の元部下であるイケメン青年から想いを寄せられ、私生活も絶好調!と思いきや、娘の出産や元姑や元夫との関係、認知症の母を持つ友人など、問題が頻発しはじめるのです。

たぶん出番は終了かと思われるのですが、例の「ミニスカ38歳部長」を演じている女優の高野志穂さん。なんと、15年前の朝ドラさくらのヒロインだったのですね。実年齢は37歳とのことなので、さくらを演じていた時は22歳。現在は定年女子であどけない童顔の女性からきりっとした美しい女性に変貌しています。

12年間海外生活を送られたとのことで、「さくら」ではハワイ生まれの日系4世の役で、ルーツのある飛騨高山の中学校で、外国人指導助手として奮闘する、という話でした。絵ろうそくを作る一家にホームステイという設定でしたね。

当時、日系アメリカ人の同僚がいたので、「こんなきれいごとじゃないから」と思いつつも、朝ドラらしい前向きな内容に元気づけられていたのでした。

当時はビデオテープの時代で、見たい映画などの予約をすると、15分のドラマを録画する余裕はなく(巻き戻しも面倒だったし)、7時半からのBSを40分まで見て出勤していたのです。(45分まで全部見ると、ぎりぎり)当時、夜11時台の再放送はなかったので、毎日5分欠けたまま見ていたのを記憶しています。

思いがけない「再会」、うれしかったです。

スポンサーサイト

テーマ:NHK総合 - ジャンル:テレビ・ラジオ

タイ仏教美術とパキスタン・カレー

昨日は、午前中、上野に行ってきました。午後は仕事です。
ファイル_2017-08-11_10_07_40_convert_20170811162609

タイ仏教美術の展覧会は今月27日までなのですが、なぜか10日までの招待券を1枚、入手していたので。どちらかと言えば、家族が見に行くかと思っていただいておいた券でしたが、行く暇がなかったのです。

日本の仏像は坐像か立像ですが、タイは「涅槃像」という横になって手で頭を支えている像を昔、タイのお寺で見たのが印象的でした。今回、新たな発見は遊行像というwalking Buddhaと呼ばれるもので、「歩いている」像です。左足が前に出ていて右足は浮いている。日本は座っているか、立っているか。タイは寝ているか、歩いているか。仏教の種類が違うのですが、それが違いの理由なのでしょうか。もちろん、タイの仏像に坐像も立像もあります。

10時から1時間弱でなんとか見終わったので、次はここに。平成館から本館に移動しました。
ファイル_2017-08-11_10_09_50_convert_20170811162641
「びょうぶとあそぶ」という企画で、デジタル化された屏風が映像となって動くのを鑑賞するというものです。

ファイル_2017-08-11_10_09_33_convert_20170811162713
鶴が飛んだり、舞い降りたり。

ゆっくり鑑賞したかったですが、12時にはでないといけなかったので、このあとは偶然遭遇した、上野公園内で昨日が初日の「パキスタン・ジャパン・フレンドシップ・フェスティバル」の屋台でカレーを食べることにしました。

インドの俳優、ラジーニ・カーントばりの中年歌手さんがPポップ(?)を軽快に、情熱的に、また、しっとりと歌っていました。
ファイル_2017-08-11_10_10_06_convert_20170811162739

カレーはナンを目の前で生地から焼いてくれて、キーマカレーがおいしかったです。

このあと仕事に行く人は私くらいでしょうかね、と後ろ髪ひかれながら、駅へ向かいました。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

理想の商店街

一昨日の午前中は国内外の「お偉いさん」との会議・昼食で緊張し、午後と昨日は関連イベントで駆け回り、どっとお疲れ。今朝は来月の発表打ち合わせでアメリカとスカイプ。スカイプは洗濯物を干す時間を取ってもらって20分ずらしていただきました。

イベントでは修士の同期と後輩に出会ったのですが、後輩は、学部・学科の3年後輩でもある、ということがわかり、更に、修士修了生団体の「イベント係」の代表者ということがわかり、ありがたき幸せ、です(時代的風)。彼女からも「出会いに感謝」というメッセージをもらいました。

「大学の1年から見た4年生って、雲の上の人ですよね?」うわあ~そうなんですよね。今は大した違いはないけど。

さて、今回、小田急線の参宮橋駅のそばで、ラ・セゾンという石畳とレンガの素敵なパン屋さんを見つけました。朝食にはやや少なめでしたが、フォッカッチャとコーヒーで仕事前のひとときを。入れ代わり立ち代わりやってくるのは、若い女性で、テイクアウトでシナモン・ロール、とかフレンチ・トーストを1個だけ買っていかれる方々でした。

こういう素朴ながらさりげなくオシャレな商店街って憧れで、親戚の家々の近くにはありますが、結局、私自身には住民としては無縁でした。これは昼間編。夜は静かな住宅地なんでしょうね。

夜の部は、高円寺商店街。イタリアン、インド料理、居酒屋、チェーン店でないコーヒー店、などが入り乱れ、どこも賑わっていて、東南アジアの路地裏のような独特の熱気です。昼間見ると、夜の魔法が解けた感じになっていて、若い頃、一人暮らしでこの辺に住んだら面白かっただろうなあ、とつくづく思います。

つぎはどこの商店街に?



テーマ:商店街 - ジャンル:地域情報

「はけの森美術館」と中央線のカレー

金曜日ははけの森美術館を見てから、「中央線が好きだ」最新号の「カレー特快」に出ていた西荻窪のインド料理店「大岩食堂」でお昼を食べてきました。

はけの森美術館は画家の中村研一さんの住居とアトリエを美術館にしたもので、武蔵野の閑静な住宅地にあります。ちょうど企画展で「南方より、伊東深水から」という、伊東深水が東南アジアの風景を描いた「南方風俗スケッチ」の展示が始まったばかりでした。展示数は多くはないのですが、昔のジャワ島の人々と風景が茶色とオレンジ色の色調と共に、よみがえっています。

カレーの方は、金、土、日の週末限定のビリアニ(インドの炊き込みご飯)があるというので、ビリアニ目指して西荻へ。カレー専門店でもビリアニを出しているところは私の知る限りではあまりないので、期待が高まりました。商店街の中にある小さなお店でしたが、ケニアのインド料理店で食べた懐かしい味を、油少な目であっさりといただくことができました。食後には小さなカップでしたが、アイス・チャイが出て、食事ともども、カルダモンの香りで、夏バテ予防となりました。

そう、スパイスの中でカルダモンは高く、しかもパウダーではなく、ポッドでないとこの香りはなかなかでないので、うれしいのです。
やはり、夏は本格スパイスのインドカレー。

「カレー特快」特集では15店が紹介されていますが、他のお店もかなり期待できそうですね。







テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

「居酒屋ふじ」と「深夜食堂」

我が家はTV東京の「居酒屋ふじ」を見始めました。なんと、中目黒と祐天寺の間に実在する居酒屋さんなんだとか。私にとっては懐かしい地名です。ご近所に住んでいる方から詳細が聞けそうなのでうれしいです。

「居酒屋もの」はグルメ番組風のものなども流行っていますが、安倍夜郎さんの人気コミックをドラマ化、映画化した「深夜食堂」は居酒屋のご主人がお客さんたちの悩みに寄り添いながら、温かく見つめていく、という人情ものです。日本だけでなく、韓国、台湾でもドラマ化されたそうです。

日本版は、小林薫、韓国版はIRISのキム・スンウ、台湾は日韓より、やや若め(と思われる)の俳優さんが演じています。
いずれも、味も渋みもある俳優さんです。

「居酒屋ふじ」は女主人が素朴でおいしい肴を優しく出してくれるお店ですが、ご主人は亡くなっています。常連さんの3人組(社長さん、ブティックの女性店長さん、と俳優の大森南朋さん(本人役)。「おやじさん」の役割は社長さんと大森さんが担当。

そこへ売れない俳優がやってきて...というお話です。

亡くなった「おやじさん」はイラストでド迫力の登場。破天荒なストーリーがうけます。
俳優さんや女優さんは本人役で、怪しげな、それでいて現実味のある設定でこれからも毎回登場するようです。

なんだか、近くに悩める若者がいたら、人生の先輩として、励ましたくなるかも。そんなドラマです。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

最新トラックバック
プロフィール

とらいふる

Author:とらいふる
長~い職務経験をへて、現在、大学院博士課程に在籍中 (教育学)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア

free counters